しっかり小粒納豆

しっかり小粒納豆 ●しっかり小粒納豆/村田商店(長野県)

☆平成21年度全国納豆鑑評会優秀賞
厚生労働省医薬食品局安全食品部長賞

《 知って納得!食べてわかるしっかり感 》

表紙のラベルをはずすと、まっ白い紙の容器に入った、何の変哲もない納豆です。飾り気や派手さはありませんが1日では決して作れない味がこの納豆には詰まっています。

原料は長年共に苦労を重ねてきた仲間、松本浜農場さんの 《 すずろまん(特別栽培) 》 です。2度目の受賞もやはり浜さんの大豆でした。生産者との関係も更に《 しっかり 》したものになったと自負しています。

蓋をあけるとフワッと香る匂いに食欲がかき立てられる。表面に被った白い菌膜は上質な醗酵の証である。 原料が 《 しっかり 》管理されて、納豆が糸引き・歯ごたえ・味等の全てにおいて 《 しっかり 》しているのがしっかり小粒納豆です。

●原料大豆の生産者が 《 しっかり 》

信州松本市の浜農場さんと契約栽培をはじめて15年になります。 その頃はまだ、長野県内での小粒種の大豆栽培は皆無でしたが、「納豆と言えば小粒を無視できない・・・」と生産者の濱幾郎さんの口からチャレンジともとれる言葉が出たのが、栽培開始のきっかけでした。

生産者にとってはリスクが高い小粒種の栽培でしたが、濱さんは更にハードルの高い長野県が定める「環境にやさしい農産物(低農薬)」の認証を受けています。

●原料大豆の管理が 《 しっかり 》

当社には生産者自らトラックで大豆を運んで来ます。流通経路は極めてシンプルです。その大豆を社内の選別機で再度選別します。選別には時間を要しますが、輸入大豆と違って絶対量の少ない地元契約栽培大豆を使った大豆を使用するには欠かせない作業です。

●納豆が 《 しっかり 》

「原料大豆のしっかり感に負けない!」という意気込みで10年間作り続けたのがこの納豆です。 まず、歯ごたえは硬すぎず柔らかすぎず。口の中でねっとりと滑らかに広がる食感を出すために 微妙な調整が欠かせません。 そしてしっかりした強い糸引き。掻き混ぜることで空気を含み、旨味は 増します。 しばらく経っても糸引きは変わらず、ふっくらしていることと、しっかりと旨味が乗っ ていること。小粒だからと言って、調味料だけに頼った手抜きいたしません。 しっかり小粒納豆は、納豆の本質にこだわった純粋な納豆づくりを心がけています。

●消費者との約束は 《 しっかり 》守る

守る 良い納豆は衛生的な工場と設備、そして人によって作られます。消費者の見えない場所で作られるか らこそしっかりした管理が必要だと考えます。どんなに良い原料を契約栽培していても管理が甘ければ 消費者との約束が果たせない事になります。現場の担当者、責任者、そして経営者が良心を以てしっかり と相互管理を行うことが大切だと考えます。

村田商店・納豆職人/村田 滋

「しっかり小粒」と「安曇野」が、エクス納豆に掲載されました。
しっかり小粒 → こちら /  安曇野 → こちら /  エクス納豆とは → こちら



●村田商店/全国納豆鑑評会受賞履歴

平成21年度 第15回全国納豆鑑評会(京都市) 厚生労働省からの賞(小粒)
平成10年度 第4回全国納豆鑑評会(新潟市) 総合食料局長賞(小粒)



●村田商店関連リンク

納豆インタビュー / リッチコンテンツの代名詞であるフラッシュサイトについて・・
納豆インタビュー / 時代の流れにとらわれないで経木納豆にこだわった村田さん・・
納豆文化村気まぐれ絵日記 file-No.38 / 経木は自然の贈り物
納豆文化村気まぐれ絵日記 file-No.27 / 清里高原・清泉寮
納豆文化村気まぐれ絵日記 file-No.22 / 信州受賞3社
納豆文化村気まぐれ絵日記 file-No.13 / 信州長野、後編
納豆列伝 file.No.16 / ギンレイを経木で一つ一つ丁寧に手作業で仕上げました
職人列伝 file.No.10 / 自らが職人として納豆人生を貫こうと・・



●村田商店の納豆を使った納豆料理

簡単3分間納豆チャーハン(どらいなっとう)
納豆ドレッシング(しっかり小粒納豆・黒豆納豆)
納豆目玉焼き(しっかり小粒納豆)
おくら納豆サラダ(黒豆納豆)
納豆トースト(ピザ風)(古今納豆)



しっかり小粒納豆 ●村田商店概要

有限会社村田商店
〒380-0928 長野県長野市若里1-4-8
電話:026-226-6771/FAX:026-223-1782
アクセスは こちら


村田商店公式サイト / 村田商店サブサイト

村田商店携帯サイト /  いい納豆ドットコムメンバー



Copyright (C) kotsubu.com / All right reserved